誰にも打ち明けられない包茎は治療で治すことができます

包茎にも種類があります

一口に包茎といっても種類があります。正常なときは亀頭がすべて隠れているかあるいは一部出ており、勃起したときはスムーズに亀頭を露出することができる仮性包茎。包皮部がせまいので亀頭を露出しようとすると亀頭のしたが締め付けられたり勃起したときに締め付けがあるので亀頭を全て露出することができないカントン包茎。平常時も勃起をしているときも、包皮部がせまいので亀頭を露出することができない真性包茎の三つのタイプからできています。

包茎の人はここが大変

包茎の人によくあるのが、毛を巻き込んでしまった、おしっこの切れが悪いことやずっと亀頭が包皮に包まれているのですぐに悪臭がする、かゆみの原因になったりコンドームの装着がなかなか難しい、自信の無さから温泉やスポーツ事務では思わず前を隠してしまう何てことはありませんか。包茎の場合これらがデメリットとなっており、特に臭いが一番心配です。雑菌が繁殖しやすい環境なので、病気になる可能性があるのです。また性交渉をしても自信の無さからついつい避けてしまい子供を望む方にとっては問題視するべき点なのです。

今の包茎治療は痛くない

包茎手術といえば、陰部にメスをいれるので痛そうだし傷が残って温泉にも行けないし性交渉をするときにばれてしまうとつい避けてしまう方が多いです。しかし今の包茎治療は痛みがありません。何回にもわけて徹底的に麻酔をかけるからです。また心配な傷跡は目立ちにくい場所にあるので堂々と温泉にもいけます。デザインも自然なので手術をしたのも見た目ではわかりません。また出血もすくなく、縫ったときの糸も多くの病院では溶ける糸を使うので、その後通う必要もありません。

仮性であれば放置する人もいます。真性であれば手術で治せます。包茎は病気ではありませんが、恥垢がたまる、性交渉に不便などの理由から好ましくは思われない場合があります。